GOOD TIME / ショッピングは、あなたの「欲しい!」を解決します。
★3,000円以上お買い上げでお守りグッズをプレゼント!★
全商品 【全国送料無料】
GOOD TIME / ショッピングは、あなたの「欲しい!」を解決します。
★3,000円以上お買い上げでお守りグッズをプレゼント!★

オーバルカット

天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.430ct (2-51)
天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.430ct (2-51)
サイズ:縦4.5×横3.5×厚み2.5(mm) 重さ:0.430ct Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥25,800
天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.475ct (2-46)
天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.475ct (2-46)
サイズ:縦5×横3.5.厚み2(mm) 重さ:0.475ct 天然ルビー Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥28,500
天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.320ct (2-45)
天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.320ct (2-45)
サイズ:縦5×横3.5.厚み1.5(mm) 重さ:0.320ct 天然ルビー Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥19,500 SOLD OUT
天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.445ct (2-44)
天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.445ct (2-44)
サイズ:縦5×横4.厚み2(mm) 重さ:0.445ct 天然ルビー Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥26,700
天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.785ct (2-43)
天然ルビー 天然石 宝石ルースストーン 裸石 パワーストーン 紅玉 7月誕生石 0.785ct (2-43)
サイズ:縦5×横4.5×厚み3(mm) 重さ:0.785ct 天然ルビー Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥47,700
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石  0.720ct (2-35)
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石 0.720ct (2-35)
サイズ:縦6×横4.5×厚み2.5(mm) 重さ:0.720ct Oval Brilliant Cut メーカー希望小売価格 (税込) 45,000 円 セール価格 (税込) 27,000 円(40%OFF) *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥27,000
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石  0.510ct (2-34)
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石 0.510ct (2-34)
サイズ:縦6×横4×厚み2(mm) 重さ:0.510ct Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥24,000
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石  0.675ct (2-32)
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石 0.675ct (2-32)
サイズ:縦6×横4.5×厚み3(mm) 重さ:0.675ct Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥27,000
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石  0.915c (2-31)
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石 0.915c (2-31)
サイズ:縦6×横5×厚み3.5(mm) 重さ:0.915ct Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥54,000
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン  7月誕生石  1.020ct (2-30)
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石 1.020ct (2-30)
サイズ:縦7×横5×厚み3.5(mm) 重さ:1.020ct Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥36,000
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石  1.210ct (2-29)
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石 1.210ct (2-29)
サイズ:縦6.5×横5.5×厚み4(mm) 重さ:1.210ct Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥45,000
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石  0.625ct (2-28)
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石 0.625ct (2-28)
サイズ:縦6×横5×厚み2(mm) 重さ:0.625ct Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥36,000
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石  0.700ct (2-26)
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石 パワーストーン 7月誕生石 0.700ct (2-26)
サイズ:縦5.5×横4.5×厚み2.5(mm) 重さ:0.700ct | Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥24,000
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石ルース パワーストーン 7月誕生石  0.625ct (2-20)
天然ルビー 宝石ルースストーン 裸石 天然石ルース パワーストーン 7月誕生石 0.625ct (2-20)
サイズ:縦6.5×横4.5×厚み2(mm) 重さ:0.625ct Oval Brilliant Cut *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆鑑別書はございません。 *-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-* ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥22,500
天然ルビー 2個ペアセット 鑑別書付き 天然石 宝石ルース 裸石 パワーストーン 7月誕生石 プレゼント 1.252ct (2-17)
天然ルビー 2個ペアセット 鑑別書付き 天然石 宝石ルース 裸石 パワーストーン 7月誕生石 プレゼント 1.252ct (2-17)
サイズ:縦5×横4.5×厚み3(mm)  重さ:1.252ct   ※ペアの重さ オーバル ブリリアントカット ほぼ同じ大きさ、形のペアのルビーです。(ペア) -------------------------- ☆当商品は鑑別書付きです。 -------------------------- ※ゆうパックにて翌日出荷いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ルビー(紅玉)は、コランダム(鋼玉、Al2O3)の変種です。ダイヤモンドに次ぐ硬度の、赤色が特徴的な宝石です。 天然ルビーは産地がアジアに偏っていて欧米では採れないうえに、産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。 また、3カラットを超える大きな石は産出量も少なく、それゆえ、かつては全宝石中で最も貴重とされ、ダイヤモンドの研磨法が発見されてからも、火炎溶融法による人工合成ができるまでは、ダイヤモンドに次ぐ宝石として扱われました。 宝石の女王とも称されるルビーは、7月の誕生石としても有名な石です。 この石は、ダイヤモンドの次に硬いコランダムグループに属する石で、赤いものをルビー、それ以外のカラーをサファイアと呼びます。 美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。 語源はラテン語で「赤」を意味する「ルベウス」 (rubeus) に由来します。 石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」など。 [産出地] ルビーの原石は、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、ベトナム、カンボジア、タンザニア、マダガスカル、モザンビークなどが原産地。 中でもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られますが、政情不安もあり産出量は少なく、貴重とされています。 [性質・特徴] コランダムの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在します。当然、透明感が高く、インクルージョンの少ない物が高価です。 コランダムは不純物(金属イオン)の違いで色が変わります。不純物としてクロムが1%ほど混入すると、濃い赤色のルビーになり、鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなり、クロムが0.1%しか混ざっていない薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ばれます。 このクロムの含有割合1%以内という微妙なバランスが、自然界において非常に稀な状況下でしか起こらないため、天然ルビーが貴重とされるのです。 [歴史] ・古代 ルビーの古代歴史は青銅器時代に遡ります。 古代ギリシアでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼ばれていました。また、インドでも古くからルビーがあったようで、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」に名前がでています。 ・中世 ルビーという名前が使用されだしたのは中世からです。 しかしマルボドゥスの「宝石誌」ではダイヤモンドやエメラルド・サファイアなどに比べて記述が少ないです。 アラビアやペルシアでは、ルビーに病気を治す力があると信じられていました。インドでもルビー粉が秘薬として用いられたことがあるそうです。 ・近代 ヨーロッパ史上最大のルビーとされるのは、1777年サンクトペテルブルクを訪れたスウェーデン王グスタフ3世がロシアのエカチェリーナ女帝に贈ったルビーで、小型の鶏卵程度の大きさで、完全に透明だったそうです。 この石はロシア革命以前は皇帝の冠に飾られていましたが、革命以降の行方はわかっていないそうです。 [ルビーの持つパワー] ルビーは情熱的な性質を持つ石です。 古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石、権力の象徴として愛されてきました。 この石は非常にエネルギーが強く、アクティブなエネルギーを高めてくれるとされています。 恋愛や仕事だけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力も持ちます。 ダイヤの次に硬いコランダムグループに属するルビー。 その硬度は、身に着ける人の意志を強めたり、組織の基盤、人の絆などを強くしてくれます。 ルビーはエネルギーそのものの活性にもとても有効ですが、実際に体に対しては筋肉繊維に最も力を与えるようです。 ガーネット等、血液を強くする石などと組み合わせると体力的に辛い時期を乗り切る為のお守りとしてとても有効に持ち主を助けてくれるでしょう。 女性が活力を持ってアクティブに生きていく為に、これほど頼りになる石はあまりありません。 ルビーは7月の誕生石です。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ☆★☆ 信頼の天然石ルースストーン ☆★☆ 端末の種類、モニターの環境により実際の商品と色の見え方が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 ☆当商品はユーズドジュエリーです。 ユーズドジュエリーとは、オーナーが一度手放したジュエリーを新品同様に仕上げたリサイクルジュエリーです。 ☆本商品は新品簡易仕上げを施し、リーズナブルな価格に設定しました。 ☆繊細なキズ、カケ、接着剤や台座の跡がある場合がございますのでご了承ください。  (詳細は商品ごとの説明文にてご確認くださいませ) ☆天然石は独特のインクルージョンやクラックやカケがございます。これは天然石の証ですのでご安心ください。 ☆ユーズドジュエリーの性質上、原産地はわかりません。 ☆他にも出品しています。まとめてのご購入の際にはお気軽にご連絡ください。   お問合せはこちら:info@goodtime.biz ルビー 紅玉 ピジョンブラッド 裸石 ルースストーン 天然石 アクセサリー 結婚記念日 パワーストーン 贈り物 ルース
¥32,500
GOOD TIME / ショッピング|お守り パワーストーン ピアス通販
東京都荒川区東日暮里4-34-12 フォレット1F
TEL: 03-6806-7827
FAX: 03-6806-7828
E-mail:info@goodtime.biz