GOOD TIME / ショッピングは、あなたの「欲しい!」を解決します。
★3,000円以上お買い上げでお守りグッズをプレゼント!★
全商品 【全国送料無料】
GOOD TIME / ショッピングは、あなたの「欲しい!」を解決します。
★3,000円以上お買い上げでお守りグッズをプレゼント!★

お守り

干支のお守り 干支まもり(アクリルケースタイプ) 十二支 根付け ストラップ 開運 招福 お守り 御守り 子 丑 寅 卯 辰 未 午 未 申 酉 戌 亥
干支のお守り 干支まもり(アクリルケースタイプ) 十二支 根付け ストラップ 開運 招福 お守り 御守り 子 丑 寅 卯 辰 未 午 未 申 酉 戌 亥
【子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の干支からお選びください。】 十二支の干支さんがお守りになりました。全員かわいいデザインで、お守りとしてご自身を守りながら心も癒されるお守りです。 ・サイズ:直径2cm、厚さ0.5cm ・根付け紐の長さ10cm、全体の長さ12cm(根付け紐はゴム製なので伸縮します) ・根付け紐の色:ピンクとブルーの2色から選べます。 ・重さ:3g アクリル製ですので、軽くて丈夫です。 宝来鈴付き ・ひとつずつ「干支まもり」台紙と一緒にPP袋に入れてお送りします。そのままプレゼントにお使いいただけます。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 2022年の干支は、「壬寅」。十干(じっかん)が「壬(みずのえ)」、十二支が「寅(とら)」 陰陽五行説では十干を「太陽を象徴とした生命循環」とし、十二支を「月を象徴とした生命循環」としています。 一般的には十二支のみを使うことが多いのですが、干支というと「六十干支」を指します(60通り)。 「壬」は十干の9番目、生命の循環で言えば終わりの位置に近く、次の生命を育む準備の時期。 「寅」は十二支の3番目で、始めに近いので、誕生を表しています。 壬寅は39番目になります。みずのえとらと読みますが、音読みですと「じんいん」というそうです。 干支 子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥
¥680
ランドセル鈴守 学業成就守 交通安全守り 学力向上 小学生のお守り
ランドセル鈴守 学業成就守 交通安全守り 学力向上 小学生のお守り
学力向上、交通安全の願いが込められています。 ランドセルやバッグに付けてお持ちください サイズ:縦 20 × 幅 15 × 厚さ 20 mm 根付け紐の長さ:8cm 全体の長さ:10.5cm 重さ:8g ランドセルは鉄製です。中に鈴が入っています。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- [ランドセルの始まり] 江戸時代後期、幕末のころ、日本の軍人さんは装備品として「背嚢(はいのう)」という布製のカバンを使っていました。背嚢はオランダ語で「ランセル」と呼ばれ、それがなまって「ランドセル」となりました。 明治維新を経て、当時の子どもが学校に通う通学カバンとして背嚢を使うようになりました。これがランドセルの始まりと言われています。 当時、ランドセルは高級品でした。しばらくは一部の富裕層の間でしか使われなかったのですが、その後時代も変わり昭和30年代以降の高度経済成長を迎えた頃から、一般的に普及するようになりました。 軍人さんが使っていたことからもわかるように、ランドセルは丈夫で両手が使えるため、よく動き、走り回るような小学生にピッタリなカバンです。 ・鞄の中身を守ってくれる ・交通事故や転倒時のクッション代わりになる ・体に負担がかかりにくい [学力向上の願い] ランドセルは丈夫で体に負担がかかりにくいことから、中に重量のある教科書やノートをたくさん入れることができます。中には10kg前後に重さのランドセルを毎日背負って学校と自宅を往復しています。 毎日の学習で使った教科書やノートをその日にうちに自宅で復習をする、または予習をする、学力を上げるためには欠かさない、当たり前の学習法です。 日々の学習の努力がこのランドセルに詰まっています。 [安全への願い] 前述したように、ランドセルは転倒時や不遇な交通事故などに怪我を軽減させる働きもあります。 また、背中が重いので全力で走れないことから、無理な横断や信号無視も少なくなります。防犯ブザーをランドセルの横に付ければ、何かあってもすぐに作動させることもできます。 よく、防犯ブザーと一緒にお守りを付けてらっしゃるお子様も見受けられますね。 ランドセル カバン バッグ 学力向上 交通安全 安全守り 学業成就守 子供のお守り
¥1,080
ご縁結守 縁結びのお守り 5円玉 牛乳パックリサイクル 御守り 送料無料
ご縁結守 縁結びのお守り 5円玉 牛乳パックリサイクル 御守り 送料無料
五円と結びですべての縁が繋がりますように。 五円玉と結びで縁が繋がるよう紐で堅く結びました。 たくさんのご縁が繋がるよう、祈願しています。 いつも身に付けてお持ちください。 根付け紐の色(和紙柄の色)が4色あります。 1. 根付け紐の色(赤) 和紙結の柄:赤・黒葵柄 2. 根付け紐の色(紫) 和紙柄:青海波柄 3. 根付け紐の色(ピンク) 和紙柄:赤桜柄 4. 根付け紐の色(ブルー) 和紙柄:青桜柄 サイズ:縦50 × 幅35 × 厚さ15 (mm) ※お守り本体 根付け紐:約11cm 全体の長さ:約17cm 重さ:7g ・5円玉付き ・和紙の結びは牛乳パックのリサイクルを使用しています。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* SDGs、3Rは、人と人の繋がりが欠かせません。お互いが尊重し合えば、良いご縁も生まれます。 そして、いつまでもご縁が続きますようにとの願いが込められています。 飲み終わった紙パックは、トイレットペーパー等に生まれ変わります。  [紙パックのリサイクルは市民から始まりました] 紙パックはポリエチレンが両面にラミネートされているので、新聞や雑誌などの古紙とは異なり、紙資源として適さない「禁忌品」とされていました。  1984(昭和59)年、山梨県大月市の主婦グループ「たんぽぽ」は、上質なパルプの紙パックが捨てられていることはもったいないと思い、日本で初めて紙パックの回収に取り組み始めました。  しかし、「禁忌品」であった紙パックを紙資源とするためには、量を確保すること、集めた紙パックを保管する場所、中身が腐ること、ポリエチレンを除く設備が必要なこと等多くの課題がありました。  「たんぽぽ」は、古紙回収事業者や家庭紙メーカーをはじめとして多くの関係者と連携し、「洗って・開いて・乾かして」というひと手間かけることによって紙パックを資源とすることに尽力しました。こうして海外とは異なる日本独自の高品質な再生品へのリサイクルの仕組みができました。 出典:http://www.yokankyo.jp/recycle/ 【5円玉のご縁】 5円玉1枚に「ご縁がありますように」という願いを込めてお賽銭としてよく使われます。5円玉には穴が開いているので「先が見通せる」という意味もありますが、本来は材料の節約で穴を開けたとのこと。 世界中でモノの値段が上がり、節約志向が高まっている中、ピッタリの縁起物ではないでしょうか ☆5円を重ねて願うことも。  5円(1枚) :ご縁がありますように  10円(2枚):重ね重ねご縁がありますように  15円(3枚):十分ご縁がありますように  20円(4枚):よいご縁がありますように  25円(5枚):二重にご縁がありますように いつも身に付けて、「ご縁がありますように」と願いましょう。
¥700
茅の輪守 厄除け 疫病退散 除災 叶結び お守り 茅の輪くぐり 送料無料
茅の輪守 厄除け 疫病退散 除災 叶結び お守り 茅の輪くぐり 送料無料
茅の輪とは、かや、すすきなどで出来た輪のことで、これをくぐることによって心身を清めるとされる「茅の輪くぐり」があります。 この小さな輪で「疫病」「災い」から免れるよう、身に付けてお持ちください。 茅の輪の色:赤、青の2色からお選びください。 サイズ:縦40 × 幅30 × 厚さ8 (mm) ※お守り本体 根付け紐:約15cm(ゴム製ですので伸縮します) 全体の長さ:約18cm 重さ:3g 茅の輪:紙紐とちりめん紐製 メガネ結び(紐と一緒です):ゴム製 宝来鈴付き *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 茅の輪には、「茅の輪くぐり」で知られるように、年末から半年間の厄を払うと言われています。 厄を払い、色々な人や心や物などに縁がつながる様にと言う意味が込められています。 【茅の輪くぐり】 茅の輪くぐりとは、神社境内に設置された茅で作れた大きな輪をくぐることにより、無病息災や厄除け、家内安全を祈願する行事のことをいいます。 6月30日頃の「夏越の祓(なごしのはらえ)」から行われる茅の輪くぐりは、1年の前半の穢れを清めて災厄を払うための神事であり、1年の後半も無事に過ごせるようにと祈る行事です。 例年では、6月30日前からそれ以降もしばらくの間は茅の輪を設置しておいて、期間中いつでもくぐることができる神社もあるようです。 【結び目は「叶結び」】 結び目を表から見ると口の形に、裏から見ると十字の形に見えるので、口+十=叶で、叶結びと言われます。願いが叶うという意味を込めて、儀式やお守りなどの装飾に使われます。
¥820
厄除金運龍神守 黄金竜お守り 水晶玉 厄除け 魔除け 根付け 御守り 送料無料
厄除金運龍神守 黄金竜お守り 水晶玉 厄除け 魔除け 根付け 御守り 送料無料
龍は天高く昇る生き物で、古くから物事が上昇することの象徴として考えられています。その龍が、浄化のパワーストーンとして知られる「水晶」に絡み合う、とても縁起の良いお守りです。 龍と水晶のサイズ: 長さ24mm 幅20mm 厚さ10mm 根付け紐の長さ:8cm 全体の長さ:10.5cm 重さ:9g 水晶は、災いや魔(つまり厄)を払い、様々な危険から守ってくれる「邪気払石」「開運石」として世界のいろいろな国で愛されています。そして、龍は運気上昇・立身出世・身体健全・仕事順調・学業成就・家庭円満・商売繁盛・家運隆昌などを司る神様です。 授かった方に多くの運を招き入れるよう奉製、祈願されております。大切にお持ちください。 ※当商品はお守りとして幅広くお持ちいただきたいという願いから水晶玉はガラス製のものを使用しています。 *-*-*-**-*-*-*--*-*-*----*-**-*-*--*-**-*-*-*-*-*-*-*-*---*-***--*-*- [龍] 龍は架空の動物ですが、中国ではすべての運気やエネルギーを司る霊獣とされ、日本では古くから龍神様として崇拝されてきました。 そして、大地のすべてのエネルギーの源とされ、水の神様とされています。 その龍が高く昇る昇龍は、立身出世・身体健全・仕事順調・学業成就・家運隆昌を司る神さまとされています。 [水晶] 浄化作用があると知られる水晶(クオーツ)は、パワーストーンの中でもこれ抜きでは語れないほどの基本の石として知られています。 水晶は古来より霊が宿る石として崇められ、色々な儀式に用いられたと伝えられています。災いや魔のような厄を払い、常の起こりうる身の危険から守る「邪気払石」「幸運の石」として世界のいろいろな国や地域で愛されています。 古くは、水晶によって土地を清め、厄を祓い、運気を良い方向にと信じられたことから、建物やお寺などの地面に水晶を埋められる事がありました。今でも、地鎮祭の時などに、地面に水晶を撒いたり埋める風習が残っている地方もあります。水があらゆるものを洗い流すように、水晶は地・人・場など、すべての「気」を浄化し、清めると伝えられています。 水晶 クオーツ 昇龍 龍神 竜神 運気上昇 厄除け 除災 魔除け 立身出世 身体健全 仕事順調 学業成就 家庭円満 商売繁盛 家運隆昌
¥980
福猫守 商売繁盛 招き猫 猫のお守り 招福 千客万来 三毛猫 縁起の良い猫のお守り
福猫守 商売繁盛 招き猫 猫のお守り 招福 千客万来 三毛猫 縁起の良い猫のお守り
挙げた右手で「金運」、左手で「人」を呼ぶと言われています。 両手を挙げて、たくさんの「福」を呼び寄せます。 縁起のよい猫のお守りです。 サイズ:縦17mm 幅9mm 厚さ13mm 重さ:5g 全体の長さ(本体+根付け紐)11cm 根付け紐の長さ:8cm 本体の猫は陶器製です。宝来鈴付き 猫本体の色は赤、黄色、青の3色でそれぞれ根付け紐の色も合わせています。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- ここ数年でペットの数は犬より猫のほうが多くなりました。 少子高齢化に伴い、飼いやすい猫が人気となっていることが大きな理由ですが、もしかすると縁起の良い動物ということもあるのかもしれません。 猫は昔から魔よけの効果があり、幸運が訪れたりする、縁起が良い動物だとされてきました。 猫は暗闇でも目が見えることから、魔よけや幸運の象徴とされたたといわれています。  [三毛猫] 三毛猫は、毛色を決定している遺伝子と、染色体が関係し、基本的にはメスになります。 しかし、まれにオスが生まれることがあります。なんとその確率は3万分の1と言われています。 そんな三毛猫のオスは、かなり希少性が高いことから、金運上昇、商売繁盛、などと言われています。 元々メスの三毛猫自体も数が少ないことから、お店など商売をしている家に三毛猫がいると、お客さんが見に来るため、商売繁盛し、「三毛猫は幸運を呼ぶ」と言われるようになりました。 海外においても「MIKE」という愛称の三毛猫。それぞれの毛色に意味があります。 白は福を招き、茶色は無病息災、そして黒は厄除けとされています。  [かぎしっぽ] かぎしっぽとは、途中で曲がっているしっぽの形が「鍵」のように見えることで、そのまま名づけられました。 かぎしっぽを持つ猫は、幸運を呼ぶ猫として世界中で愛されています。 鍵状になっているしっぽは、幸運を引っかけて鍵をするということで幸運を呼ぶといわれるようになりました。 ちなみに、日本では短いかぎしっぽがよいとされています。  [白猫] 古来より、白い動物は神の使いとして崇められてきました。 白猫も同様に、幸運を呼ぶといわれています。 また、白猫は恋愛によい影響があるとも考えられています。  [黒猫] 黒猫はその出で立ちから、怖い不気味なイメージを持つ人も少なくありませんが、実は古来の日本では幸運の象徴でした。 厄よけの招き猫に「黒猫」が使われていることからも、厄を避け、幸せを呼び込むとされています。 海外での「魔女の使いの黒猫」のイメージからマイナーなイメージを持つ人が増えたのかもしれません。  [オッドアイ] 両目の色が異なる猫をオッドアイと呼びます。その美しい瞳は、神秘的な感じがして引き込まれそうです。 オッドアイを持った猫は希少性が高いことより、幸福をもたらすともいわれています。特に右脳力を強め、直観力や潜在能力を高めるとも言われています。 何か新しいことを始める時、または重要な決断をする時などここぞというときにオッドアイの猫は助けてくれるかもしれません。  [招き猫] 招き猫には右手を上げているものと、左手を上げているもの、両手を上げているものがあります。 右手を上げている招き猫は金運を招くという意味があり、左手を上げている招き猫は人脈を招くという意味があります。 そして両手を上げた猫は金運と人脈の両方を招き入れると信じられています。 招き猫は色にも意味があります。 白・・・開運招福 黒・・・厄除け 赤・・・健康長寿 青・・・学業向上 黄・・・金運良縁 金・・・金運上昇 緑・・・家内安全、交通安全 ピンク・・・恋愛成就 と言われているようです。 当店の福猫守は赤、黄、青です。こちらの意味も含めてお選びくださいませ。
¥780
幸運のクローバー守 四つ葉のクローバー お守り 恋愛 健康 財運 希望 幸運 プレゼント 御守りストラップ
幸運のクローバー守 四つ葉のクローバー お守り 恋愛 健康 財運 希望 幸運 プレゼント 御守りストラップ
クローバー守の新商品です。(2022年6月20日発売) 恋愛・健康・財運・希望が4枚の葉に込められています。 ネコ目の石で作られている四葉クローバーは四つの幸運をもたらします。 ※色はピンクとグリーンの2色からお選びください。 クローバーのサイズ:縦24mm 横12mm 厚さ3mm 全体の長さ:約10.5cm 重さ:3g クローバーの材質:プラスチック製 ※宝来鈴付き ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 ◆従来の人気クローバー守はこちら↓ https://www.goodtimeschool.jp/items/50307593 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- [四つ葉のクローバーについて] 四つ葉のクローバーは幸運のシンボルと言われていますが、日本だけではなく西洋でも古くから言い伝えられています。 クローバー(シロツメクサ)は主に三つ葉のクローバーを指し、南アメリカやアフリカにたくさんの種類が生息していています。地球全体では260種類あると言われ、日本でも身近に存在する植物です。四つ葉のクローバーは通常みられる3枚の小葉の変異体に相当するものです。発生率は1万分の1と言われています。 実はこのクローバー、一つ葉から十葉まであるようです。ちなみに七つ葉のクローバーの発生率は2憶5000万分の1と言われています。 クローバーは、別名をシロツメクサ(白詰草)と言います。 名前の由来は、江戸時代オランダとの貿易で、硝子器をオランダから運ぶ際に、破損を防ぐために枯れたクローバーを詰め物として用いたという由来からツメクサ(詰草)の名前が付きました。 またシロツメクサは明治以降に牧畜用にムラサキツメクサと共に持ち込まれ、野生化したという由来があります。 [四つ葉のクローバーの意味] ヨーロッパでは、「三つ葉のクローバー」は3枚の葉が1本の柄についている事からキリストの三位一体を、また「四つ葉のクローバー」はキリストの十字架を象徴し、どちらも幸運や幸福をもたらすと言われています。 また三つ葉のクローバーが幸運の象徴なら、希少価値のある四つ葉のクローバーには、さらに強い力があると信じられています。 英語では「wealth(財産)」、「fame(名声)」、「faithful lover(満ち足りた愛)」、「glorious health(この上ない健康)」の意味があり、この4つが揃って「true Love(真実の愛)」という意味になります。 真実の愛が最高の幸運って素敵ですね。 クローバー守 四つ葉のクローバー お守り 恋愛 健康 財運 希望 幸運 プレゼント 御守りストラップ お守り 御守 おまもり クローバーのお守り 四つ葉のクローバー 幸運のお守り
¥820
開運厄除 寿守 水引 魔除け 厄除け 淡路結び 幸運 招福 御守り お守り 送料無料
開運厄除 寿守 水引 魔除け 厄除け 淡路結び 幸運 招福 御守り お守り 送料無料
水引で魔・厄を除け、重ねて結ぶことで寿(良いこと)が重なるように願いが込められています。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 【水引の色:金、銀、ピンク、ブルー の4色からお選びください】 ・サイズ:長さ約12.5cm  ※水引の部分 直径約2cm ・根付け紐の長さ9cm(ゴム製)、全体の長さ12cm ・根付け紐:白と金のゴム房 ・重さ:9g ・タッセル付き(長さ約5cm) ・水引は淡路結びを繋げています。 ・水引の中はφ20mmのオーロラガラスが入っています。 【水引結びの最高位「あわじ結び」】 あわじ結び (あわび結び) は、最高位の水引結び。神事・佛事をはじめ、吉凶全ての基本結びとなっています。水引細工の多くはこの結びを応用しているそう。 あわじ結びは“結びきり”と言われる結びの一つで、一度結んでしまうとほどくのが難しいことから結婚祝いなどの一度きりのお祝いの時に使われます。 また両端を引っ張るとさらに固く結ばれることから、「末永く途切れないお付き合いをよろしくお願いします」という願いも込められているそうです。 日本古くからある慣用なので、和婚花嫁さんにとってもおすすめ。 淡路結 あわじ結び 寿守 御守り お守り 厄除け 開運 招福
¥1,200
結守 折り鶴 縁結び 長寿 円満 宝来鈴付き 根付け 鶴のお守り 御守り プレゼント 結婚記念日 父の日 母の日 誕生日
結守 折り鶴 縁結び 長寿 円満 宝来鈴付き 根付け 鶴のお守り 御守り プレゼント 結婚記念日 父の日 母の日 誕生日
鶴の色:赤と青  2羽ペアセット 羽の長さ:約4cm | 高さ:約2cm 頭から尾までの長さ:約2cm 根付け紐の長さ:約6cm 縁起のいい宝来鈴付き 大切な人や物との縁を糸のように紡ぎ繋げる様、祈願されています。 折り鶴は防水処理を施した和紙を用いて、職人さんが丹精こめて1羽づつ作りました。 赤と青の鶴が2羽ありますが、2人で一つずつ持つことで縁がつながる様にと考えて作ってあります。 「鶴は千年、亀は万年」と言われるように、鶴には長生きや円満の象徴とされています。 「結び」ついて「円満」に過ごせる様にと願いを込めて作りました。 ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 【鶴について】 ツルは古代中国の伝説では仙界に棲む鳥とされました。ツルは吉祥と長寿の象徴で、古来より高位高官の身に着ける装飾品に用いられました。 日本では昔話にもよく登場し、「鶴は千年、亀は万年」などカメと共に長寿の象徴とされています。他の動物より寿命が長いのは確かですが、実際の寿命は動物園での飼育の場合であっても50年-80年程度で、野生では30年位と推定されています。「鶴姫」など名前としても使われています。 折鶴、千羽鶴なども、日本の象徴となっています。 ツルは地上性、特に湿地での活動に高度に順応した鳥であって、一部の種類を除き木に止まることはできません。 よく水墨画でツルがマツ等の樹に止まる構図がある(いわゆる「松上の鶴」。伊藤若冲の『旭日松鶴図』や広渡湖秀の『桃鹿・巌波双鶴図』を始め数作が知られる)が、これは一般にコウノトリとツルとを混同してのことだとされています。 信じがたい事実ですが、江戸時代には鶴の肉は白鳥とともに高級食材として珍重されていました。武家の本膳料理のために鶴の料理が振る舞われたことが献立資料などの記録に残されています。鶴の肉は、江戸時代の頃の「三鳥二魚」と呼ばれる5大珍味の1つであり、歴史的にも名高い高級食材です。三鳥二魚とは、鳥=鶴(ツル)、雲雀(ヒバリ)、鷭(バン)、魚=鯛(タイ)、鮟鱇(アンコウ)のことです。 日本航空(鶴丸)やルフトハンザドイツ航空などの航空会社のシンボルにも使用されていますね。
¥750
縁守 茅の輪結のお守り 根付け 御守り 宝来鈴付き 無病息災 厄除け 家内安全 良縁 縁結び プレゼント ストラップ 茅の輪くぐり
縁守 茅の輪結のお守り 根付け 御守り 宝来鈴付き 無病息災 厄除け 家内安全 良縁 縁結び プレゼント ストラップ 茅の輪くぐり
色:ピンクとブルーと紫の3種類からお選びください。 茅の輪の長さ:約3cm   幅:約2cm   厚さ:約0.5cm 根付け紐の長さ:約6cm 縁起のいい宝来鈴付き たくさんの縁が繋がるよう、大切にお持ちください。 ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 茅の輪型の「縁守」は、結び目が十字(裏側は叶う結び)になっています。 この茅の輪には、「茅の輪くぐり」で知られるように、年末から半年間の厄を払うと言われています。 厄を払い、色々な人や心や物などに縁がつながる様にと言う意味が込められています。 【茅の輪くぐり】 茅の輪くぐりとは、神社境内に設置された茅で作れた大きな輪をくぐることにより、無病息災や厄除け、家内安全を祈願する行事のことをいいます。 6月30日頃の「夏越の祓(なごしのはらえ)」から行われる茅の輪くぐりは、1年の前半の穢れを清めて災厄を払うための神事であり、1年の後半も無事に過ごせるようにと祈る行事です。 例年では、6月30日前からそれ以降もしばらくの間は茅の輪を設置しておいて、期間中いつでもくぐることができる神社もあるようです。
¥550
ぼけ封じ成す 茄子 守 御守り お守り 茄子のお守り 根付け ストラップ ちりめん
ぼけ封じ成す 茄子 守 御守り お守り 茄子のお守り 根付け ストラップ ちりめん
茄子 発泡スチロールにちりめんを巻いています。(手づくり) 根付け紐:レーヨン製 | 宝来鈴付き 重さ:1.7g 全体の長さ:11cm | 根付け紐の長さ:8cm 茄子の長さ:3cm 幅1.8cm ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- ぼけ封じになす??  茄子、為す?? どういうことでしょうか ぼけとなすでぼけなすという悪い言葉がありますが、どういう意味か調べてみると、 ぼけ‐なす【惚け茄子】 1 外皮の色つやのあせたナス。 2 ぼんやりした人をののしっていう語。 1 はわかるのですが、 2 のほうが皆さんが想像している言葉かと思います。 つまり「ぼけなす」はぼけーとしている人をバカにする意味があります。 その野菜の茄子ですが、環境の良すぎるところで育てると実を付けなくなる性質があります。 植物にとって実は子孫です。 環境が良すぎると長生きできますが、子孫を残すことができない。 実を付けない茄子は野菜としては価値はありません。 これを人間にあてはめて、何不自由なく環境の良すぎるところで育つと自分では何もできない人間になる。そんな何もできない人を「ぼけなす」と呼ぶようになったようです。 もちろん、諸説ありますが、興味深い語源由来です。 そんな「茄子」ですが、「茄子」の語源は、「為す」という説があるそうです。 茄子は瓜科の植物です。ウリの花は咲いても実のならない花があるが、茄子の花にはそれがありません。(実がなる前に落ちることはありますが・・・・)つまり茄子の花は実をなすということです。 「親の小言と茄子の花は千にひとつの無駄もない」とうい諺があることでもわかります。 一度、家庭菜園で茄子を栽培したことがありますが、かなり大変でした。でも、つやつやとして実ができたときは嬉しく、収穫するときは寂しい気持ちになりました。本当に農家さんは大変な思いをして家庭にとどけているのだなと改めて思いました。 初夢に「一富士、ニ鷹、三なすび」を見るとその年は良いことが起きる、という迷信もあります。 「茄子」は縁起がいい野菜なのです。 お守り 御守 茄子 なす なすび
¥700
厄除 御守 御守り お守り おまもり ひょうたん御守 宝来鈴付き 根付け 除災 瓢箪 ちりめん 送料無料
厄除 御守 御守り お守り おまもり ひょうたん御守 宝来鈴付き 根付け 除災 瓢箪 ちりめん 送料無料
除災招福のお守りや魔除けとされ、縁起の良いものとされてきたひょうたんを、ちりめんで作り、これまた縁起のいい宝来鈴を付け根付けにしました。 色は赤、ピンク、ブルー、グリーンの4色からお選びください。 根付け紐の長さ:11cm 宝来鈴付 全体の長さ:15cm ひょうたんの大きさ:長さ 3cm、直径 1.7cm、重さ 3g ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ひょうたんとは? ヒョウタンは、ウリ科の植物。和語ではひさご、ふくべといいます。 この植物の果実を加工して作られる「ひょうたん」は、「瓢」の「箪(容器)」という意味となります。 最古の栽培植物の一つで、原産地のアフリカから食用や加工材料として世界各地に広まったと考えられています。乾燥した種子は耐久性が強く、海水にさらされても発芽します。 一般的には、上下が丸く真ん中がくびれた形の品種を呼ぶますが、球状から楕円形、棒状や下端の膨らんだ形など品種によって様々な実の形があります。 観賞用のヒョウタンの中にはククルビタシンという苦味成分のある植物毒を含有しているものがあり、嘔吐と下痢を伴う重篤な胃および腸不全を引き起こし、稀に死亡することもあるため、注意が必要です。 【種類】 ヒョウタンと同一種のユウガオは、ククルビタシンの少ない品種を選別した変種で、食用となる干瓢の原料として利用されます。 また、ヒョウタン型をした品種の中にも、ククルビタシンの少ない食用品種が存在します。 【歴史】 日本では、縄文時代草創期から前期にかけての遺跡である鳥浜貝塚から種子が出土しています。文献史学上では『日本書紀』(720年成立)の中で瓢(ひさご)として初めて公式文書に登場しています。その記述によると仁徳天皇11年(323年)、茨田堤を築く際、水神へ人身御供として捧げられそうになった茨田連衫子という男が、ヒョウタンを使った頓智で難を逃れたといいます。 古代のヒョウタンは現在のような括れた形態ではなく通常の植物の実のような筒のような形をしていたことが分かっており、突然変異で今日知られているような特徴的な形が発現し、それが人伝に栽培されて世界中に広まった、とされています。 【神具】 日本の神道では中に神が宿る縁起物とされ、神社で破魔矢や絵馬、お守りに付けられます。大分県宇佐市には専門の加工業者があり、契約農家が収穫したヒョウタンを水に2カ月漬け、腐った中身と外皮を取り除いて天日で乾燥させ、塗料と磨きで表面を加工します。 出雲大社の爪剥祭では、生のヒョウタンを胴切にし、麻茎製の柄を付けたものをヒシャクとして、御神水を供える時に使用する伝統があります。これはヒョウタンに宿る霊力を用いるという意味を含むといいます。 【風水】 風水では、ヒョウタンには邪気を払う力が宿るとされ、また中国語の「葫芦」(ヒョウタン)は「語録」「福禄」と同じ発音の「フールー」であるため古代より幸運を招くお守りとして玄関に掛けたり、携帯することで邪霊を払うといわれ、縁起物として土産物店でよく見かけます。中国の伝説には、ヒョウタンを携える人物がしばしば登場します。道教の八仙人の一人、李鉄拐も金のヒョウタンを常に肩から下げていたとされます。済公和尚、魯智深なども常にヒョウタンを携行していたようです。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- お守り 御守 おまもり ひょうたん 瓢箪 厄除け 除災 根付け 宝来鈴 縁起物
¥680
交通安全守 御神札神社一般 5色紐 ワイヤーロックタイプ 御守 お守り 厄除け 自転車 カバン
交通安全守 御神札神社一般 5色紐 ワイヤーロックタイプ 御守 お守り 厄除け 自転車 カバン
交通安全守(御神札神社一般)5色紐 ワイヤーロックタイプ ビニール製の筒の中に厄除け5色紐と御神札が入っています。バッグ、ランドセルや自転車などに簡単に取り付けられるようワイヤーロック式になっています。(鍵はありません) ビニール製ですので、雨にも強い! 雨の日でも風の日でも、いつでもお出かけ時に身に着けて交通安全と厄除けを願いましょう。 長さ:18cm ビニール筒の直径:8mm ワイヤーロックした時の直径:約5cm 重さ:9.2g 留め具:プラスチック製 5色紐について 五色は、青・赤・黄・白・黒(玄)の5色です。ただし、染料や色彩認識の関係で、青は緑、黒は紫で表されることが多いので、実際には緑・赤・黄・白・紫になっています ・五色の意味・由来は? 五色は、古代中国の陰陽五行説に由来します。陰陽五行説とは、万物は「陰・陽」の二気、「木・火・土・金・水」の五行で成り立ち、これら陰陽五行の要素で世の中は回っているという思想で、日本の文化に深く関わっています。 ・厄除けの5色 厄除けの色は、陰陽道の四聖獣の都を守る色になぞらえて、四神相応といいます。 青(緑)・・・青龍 東を守護する聖獣。姿は通常の龍と同じで、青色です。 赤・・・朱雀 南を守護する聖獣。四霊獣の鳳凰のことです。 白・・・白虎 西を守護する聖獣。姿は白い虎です。 黒(紫)・・・玄武 北を守護する聖獣。亀と蛇を合成したような姿をしています。 この中心を「黄」としたものが5色です。 5色紐の四聖獣と交通安全御守護があなたを厄から守ってくれることでしょう。
¥1,200
子供の無事成長・健康守 お守り 御守 安産お守り 七五三 赤ちゃんお守り マタニティお守り
子供の無事成長・健康守 お守り 御守 安産お守り 七五三 赤ちゃんお守り マタニティお守り
本体人形:ちりめん 紐:レイヨン 着物の柄 赤柄、赤襟(女の子) 着物の柄 青柄、紺襟(男の子) ⇒どちらかお選びください。 宝来鈴付き 全体の長さ:12cm 根付け紐の長さ:7cm 重さ:2g ・全てちりめんで手作りでできています。 ・台紙に印刷してある麻柄には丈夫でどんどん伸びる事から子供が健やかに成長すると言う意味を込めて作っています。 ・これから生まれてくる子供、益々成長して行く子供を「見守る」お守りです。 ※メッセージを添えることができます。ご希望の方はご注文時にご連絡をください。(B5普通用紙でWordで作ります) ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 麻の模様について(台紙にデザインされています)  麻の葉柄の由来 六角形の幾何学文様で平安時代から仏像の装飾などに使われてきた柄です。 後にこの模様が麻の葉に似ている事から、麻の葉(あさのは)柄として親しまれるようになりました。  麻の葉柄の意味 麻の葉は4ヶ月で4mにもなるほど成長が早く、真っ直ぐにグングン成長して行くため、麻の葉柄には子供の健やかな成長の願いが込められています。 またこの柄には魔除けの意味があり、昔から産着の柄として広く親しまれてきました。 お子様、お孫様の健やかな成長を願いを込めています。 お守り 御守 子供のお守り 安産お守り 子供の成長 赤ちゃんお守り
¥860
運気上昇 龍神守 勾玉昇り黄金竜お守り 昇龍 厄除け 魔除け 根付け 御守り 送料無料
運気上昇 龍神守 勾玉昇り黄金竜お守り 昇龍 厄除け 魔除け 根付け 御守り 送料無料
勾玉には魔除、厄除けの意味があると言われています。 昇龍を身につける事でその力を授かれる様に願いが込められています。 カラーは赤と紫からお選びください。 龍と勾玉のサイズ: 長さ30mm 幅16mm 厚さ13mm 根付け紐の長さ(結んでいない状態):15cm 根付け紐は縁起の良い5色編みです。 授かった方に多くの運を招き入れるよう奉製、祈願されております。大切にお持ちください。 ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-**-*-*-*--*-*-*----*-**-*-*--*-**-*-*-*-*-*-*-*-*---*-***--*-*-  龍は天高く昇る生き物で、古くから物事が上昇することの象徴として考えられています。その龍が、魔除けや厄除けといった呪的な意味で身につけられてきたとされる「勾玉」に絡み合う、とても縁起の良いお守りです。 勾玉は身に襲い掛かる厄災を除ける強力な魔除けのお守り、昇り龍は運気上昇・立身出世・身体健全・仕事順調・学業成就・家庭円満・商売繁盛・家運隆昌などを司る神様です。    授かった方に多くの運を招き入れるよう奉製、祈願されております。大切にお持ちください。 [龍]  龍は架空の動物ですが、中国ではすべての運気やエネルギーを司る霊獣とされ、日本では古くから龍神様として崇拝されてきました。  そして、大地のすべてのエネルギーの源とされ、水の神様とされています。  その龍が高く昇る昇龍は、立身出世・身体健全・仕事順調・学業成就・家運隆昌を司る神さまとされています。 [勾玉]  古来より勾玉には不思議な力が宿るとされ、魔除けや厄除けといった呪的な意味で身につけられてきました。曲がった形をしているので「勾玉(まがたま)」と呼ばれる説が有力です。  世界的に見ても日本や朝鮮の一部地域でしか発掘されず、それらは縄文時代にすでに作られていました。  神話の時代にスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治した後、「勾玉」をアマテラスオオミカミに献上されました。これが三種の神器の一つ「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」になったと伝えられています。  勾玉の不思議な形は頭の部分が日(太陽)を表し、尾の部分が月を表しています。この太陽と月が重なりあった形は大いなる宇宙を崇拝していたと思われます。そして穴には祖先とのつながりを持つことにより、我が身に降りかかる邪気・邪霊から身を守り、その恩恵を受けたとされています。 ※いずもまがたまの里伝承館より引用 勾玉 昇龍 龍神 竜神 運気上昇 厄除け 除災 魔除け 立身出世 身体健全 仕事順調 学業成就 家庭円満 商売繁盛 家運隆昌
¥720
アマビエ 2個セット お守り 厄除け 疫病退散 コロナ対策グッズ 宝来鈴付き 根付け ストラップ 除災 24金メッキ
アマビエ 2個セット お守り 厄除け 疫病退散 コロナ対策グッズ 宝来鈴付き 根付け ストラップ 除災 24金メッキ
【2個セット】 アマビエのサイズ: 横16 高さ26 厚さ3(mm)   合金 24金メッキ 根付け紐: 長さ 約8cm 2色編み  ※色をご指定できます。 宝来鈴付き   重さ:8.2g PP袋入り 「疫病退散」シール貼付 ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- アマビエとは アマビエは日本に伝わる妖怪です。海中から光を輝かせるなどの現象を起こし、豊作や疫病などに関する予言をしたと伝えられています。 同種と考えられる存在にアマビコやアリエなどがあります。 アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されています。肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされます。 疫病退散に人気のあるアマビエ TwitterなどSNS上で賑わいを見せているアマビエは、新型コロナウィルスの感染対策のお守りとして人気があります。感染症がまだ収まらない中、身に着けてみてはいかがでしょうか? アマビエ 疫病退散 厄除け お守り 御守り コロナ対策グッズ
¥990
アマビエ お守り 厄除け 疫病退散 コロナ対策グッズ 宝来鈴付き 根付け ストラップ 除災 24金メッキ
アマビエ お守り 厄除け 疫病退散 コロナ対策グッズ 宝来鈴付き 根付け ストラップ 除災 24金メッキ
アマビエのサイズ: 横16 高さ26 厚さ3(mm)   合金 24金メッキ 根付け紐: 長さ 約8cm 2色編み  宝来鈴付き   重さ:8.2g PP袋入り 「疫病退散」シール貼付 ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- アマビエとは アマビエは日本に伝わる妖怪です。海中から光を輝かせるなどの現象を起こし、豊作や疫病などに関する予言をしたと伝えられています。 同種と考えられる存在にアマビコやアリエなどがあります。 アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されています。肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされます。 疫病退散に人気のあるアマビエ TwitterなどSNS上で賑わいを見せているアマビエは、新型コロナウィルスの感染対策のお守りとして人気があります。感染症がまだ収まらない中、身に着けてみてはいかがでしょうか? アマビエ 疫病退散 厄除け お守り 御守り コロナ対策グッズ
¥590
干支まもり 十二支 根付け ストラップ 開運 招福 お守り 御守り 子 丑 寅 卯 辰 未 午 未 申 酉 戌 亥 送料無料
干支まもり 十二支 根付け ストラップ 開運 招福 お守り 御守り 子 丑 寅 卯 辰 未 午 未 申 酉 戌 亥 送料無料
【子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の干支からお選びください。】 十二支の干支さんがお守りになりました。全員かわいいデザインで、お守りとしてご自身を守りながら心も癒されるお守りです。 ・サイズ:それぞれで違いますが、おおよそ長さ2cm、高さ1.2cm、幅1.8cmくらいです。 ・根付け紐の長さ6.5cm、全体の長さ9cm ・根付け紐の色:ピンク、ブルー、黄緑、黄色、藤色の5色からランダムについています。 ・重さ:それぞれで違いますが、おおよそ5g~6gです。 ・材質:ポリレジン ・ひとつずつ、PP袋に入れて「干支まもり」シールを貼付します。そのままプレゼントにお使いいただけます。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 2022年の干支は、「壬寅」。十干(じっかん)が「壬(みずのえ)」、十二支が「寅(とら)」 陰陽五行説では十干を「太陽を象徴とした生命循環」とし、十二支を「月を象徴とした生命循環」としています。 一般的には十二支のみを使うことが多いのですが、干支というと「六十干支」を指します(60通り)。 「壬」は十干の9番目、生命の循環で言えば終わりの位置に近く、次の生命を育む準備の時期。 「寅」は十二支の3番目で、始めに近いので、誕生を表しています。 壬寅は39番目になります。みずのえとらと読みますが、音読みですと「じんいん」というそうです。 干支 子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥
¥710
招福 七福神守 恵比寿 大黒天 毘沙門天 弁財天 福禄寿 寿老人 布袋 根付け お守り アクセサリー ストラップ
招福 七福神守 恵比寿 大黒天 毘沙門天 弁財天 福禄寿 寿老人 布袋 根付け お守り アクセサリー ストラップ
七福神のかわいいお守りです 七福神の大きさ:1体 約1.5cm 根付け紐の長さ:7cm 材質:プラスチック ※七福神が「輪」になったお守りもございます。 https://www.goodtimeschool.jp/items/44596672 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 七福神(しちふくじん)とは、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神のことです。 大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)とされており、それぞれがヒンドゥー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っています。 「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われています。 七福神の信仰は、室町時代の末期のころより生じ、当時の庶民性に合致して民間信仰の最も完全な形となって育てられてきました。特に農民、漁民の信仰として成長し、現代に今も生き続けています。 インドのヒンドゥー教の神である大黒を台所の神として祀ることを、最澄が比叡山で始めたことで、徐々に民間に広まったといいます。 これが民間において日本の土着信仰の神である恵比寿とセットで信仰されるようになった歴史的な経緯はよくわかっていません。 平安時代以降、京都の鞍馬の毘沙門信仰からはじまった毘沙門天を恵比寿・大黒に加え、三神として信仰されることが起こりました(初期の恵比寿は毘沙門天を本地とすると考えられていました)。この三神セットのパターンはかなり後まで一般的でありましたが、平安末期~鎌倉初期の頃、近江の竹生島の弁天信仰が盛んになると毘沙門天ではなく「恵比寿・大黒・弁才天」とするケースも増えていったようです。 室町時代、仏教の布袋、道教の福禄寿・寿老人なども中国から入ってきてそれぞれに知られるようになり、それらをまとめて七柱の神仏のセットができ、室町時代末頃、近畿地方から始まったとされています。 この頃は銀閣寺に代表される東山文化の時代。中国の文化に影響され、大陸的な水墨画が多く描かれていました。もてはやされた画題は『竹林七賢図』(竹林の七賢人)。この絵に見立てて、人々は別々に信仰されていた7つの福の神を集め、七福神としました。ただし、当初は必ずしもメンバーが一定していなかったようです。 江戸時代には、ほぼ現在の顔ぶれに定まったものの、その後もバリエーションが生み出されることがありました。寿老人と福禄寿はともに南極老人星の化身とされることから、この二者は本来同一のものとみなされ、寿老人の代わりに吉祥天・お多福・福助・稲荷神・猩猩・虚空蔵菩薩が入れられることがありました。他に宇賀神・達磨・ひょっとこ・楊貴妃・鍾馗・不動明王・愛染明王・白髭明神が七福神の一人に数えられたこともありました(不動明王と愛染明王、またはお多福とひょっとこはセットで入る場合がありました)。 奈良時代から独立した信仰の対象として社が建立されていましたが、明治時代の神仏分離の際に、神道の神社となった弁才天の社のようなものもあります。古書では、徳川家継将軍時代の1713年に、和漢書『吉原七福神』全5巻が出版されています。 ※wikipediaより引用 [恵比寿天] 七福神中で唯一の日本の神様。いざなみ、いざなぎの二神の第三子といわれ、満三歳になっても歩かなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい、やがて漂着した浜の人々の手によって手厚く祀れれたのが、信仰のはじまりと伝えられている。 左手に鯛をかかえ右手に釣竿を持った親しみ深いお姿の、漁業の神で、特に商売繁昌の神様としても信仰が厚い。 [大黒天] 大黒天は、大自在天の化身ともいわれ、大国主命と神仏習合したものである。一度仏となったが、人々に福徳を授けるために再びこの世に現れたという。 大地を掌握する神様(農業)でもある。大きな袋を背負い、打出小槌をもち、頭巾をかぶられた姿が一般によく知られていて財宝、福徳開運の神様として信仰されている。 [毘沙門天] 毘沙門天は、四天王の一仏で、別名「多聞天」といい、七福神の中で、唯一の武将の姿をしていて、右手に宝棒、左手に宝塔、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつけている。 七福神では、融通招福の神として信仰されている。 [弁財天] 弁財天は、七福神の中で、唯一の女神で、元はインド河(水)の神であったが、やがて音楽の神、言語の神となり日本に伝わった当初は、弁才天と呼ばれた。 その後、財宝・芸術に関係深い吉祥天の性格が吸収され弁財天といわれるようになり、財宝を授けてくださる神へとなったものである。知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれている。 [福禄寿(ふくろくじゅ)] 福禄寿は、名前は、幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、中国、道教の長寿神。南極老人星の化身であり中国の村や町に住み、人々の信仰を集めたといわれる仙人である。長い頭、長い顎鬚、大きな耳たぶをもち年齢は千歳という。長寿、幸福の徳を持ち、鶴と亀を連れて、左手に宝珠、右手に巻物を括り付けた杖をもつ姿が特徴である。 招徳人望の神様として信仰されている。 [寿老人(じゅろうじん)] 寿老人は、福禄寿と同じく星の化身で、にこやかな微笑みをたたえ、手には巻物を括り付けた杖、そして団扇や桃などを持ち、鹿を従えた姿が一般的に知られている。団扇は難を払い、桃は長寿のしるしで、鹿もまた長寿の象徴である。 長寿延命、富貴長寿の神として信仰されている。 [布袋尊(ほていそん)] 布袋尊は、弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身といわれ、いつも笑顔を絶やさず人々に接していた人で、大きな袋には宝物がいっぱい入っていて、信仰の厚い人に与えられたという。 笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰が厚い。
¥1,300
招福 七福神守 「輪」 恵比寿 大黒天 毘沙門天 弁財天 福禄寿 寿老人 布袋 根付け お守り アクセサリー ストラップ
招福 七福神守 「輪」 恵比寿 大黒天 毘沙門天 弁財天 福禄寿 寿老人 布袋 根付け お守り アクセサリー ストラップ
七福神が「輪」になったかわいいお守りです 七福神輪の大きさ:直径 約3.5cm 根付け紐の長さ:5cm 材質:プラスチック ※七福神が並んだお守りもございます。 https://www.goodtimeschool.jp/items/44596590 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 七福神(しちふくじん)とは、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神のことです。 大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)とされており、それぞれがヒンドゥー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っています。 「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われています。 七福神の信仰は、室町時代の末期のころより生じ、当時の庶民性に合致して民間信仰の最も完全な形となって育てられてきました。特に農民、漁民の信仰として成長し、現代に今も生き続けています。 インドのヒンドゥー教の神である大黒を台所の神として祀ることを、最澄が比叡山で始めたことで、徐々に民間に広まったといいます。 これが民間において日本の土着信仰の神である恵比寿とセットで信仰されるようになった歴史的な経緯はよくわかっていません。 平安時代以降、京都の鞍馬の毘沙門信仰からはじまった毘沙門天を恵比寿・大黒に加え、三神として信仰されることが起こりました(初期の恵比寿は毘沙門天を本地とすると考えられていました)。この三神セットのパターンはかなり後まで一般的でありましたが、平安末期~鎌倉初期の頃、近江の竹生島の弁天信仰が盛んになると毘沙門天ではなく「恵比寿・大黒・弁才天」とするケースも増えていったようです。 室町時代、仏教の布袋、道教の福禄寿・寿老人なども中国から入ってきてそれぞれに知られるようになり、それらをまとめて七柱の神仏のセットができ、室町時代末頃、近畿地方から始まったとされています。 この頃は銀閣寺に代表される東山文化の時代。中国の文化に影響され、大陸的な水墨画が多く描かれていました。もてはやされた画題は『竹林七賢図』(竹林の七賢人)。この絵に見立てて、人々は別々に信仰されていた7つの福の神を集め、七福神としました。ただし、当初は必ずしもメンバーが一定していなかったようです。 江戸時代には、ほぼ現在の顔ぶれに定まったものの、その後もバリエーションが生み出されることがありました。寿老人と福禄寿はともに南極老人星の化身とされることから、この二者は本来同一のものとみなされ、寿老人の代わりに吉祥天・お多福・福助・稲荷神・猩猩・虚空蔵菩薩が入れられることがありました。他に宇賀神・達磨・ひょっとこ・楊貴妃・鍾馗・不動明王・愛染明王・白髭明神が七福神の一人に数えられたこともありました(不動明王と愛染明王、またはお多福とひょっとこはセットで入る場合がありました)。 奈良時代から独立した信仰の対象として社が建立されていましたが、明治時代の神仏分離の際に、神道の神社となった弁才天の社のようなものもあります。古書では、徳川家継将軍時代の1713年に、和漢書『吉原七福神』全5巻が出版されています。 ※wikipediaより引用 [恵比寿天] 七福神中で唯一の日本の神様。いざなみ、いざなぎの二神の第三子といわれ、満三歳になっても歩かなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい、やがて漂着した浜の人々の手によって手厚く祀れれたのが、信仰のはじまりと伝えられている。 左手に鯛をかかえ右手に釣竿を持った親しみ深いお姿の、漁業の神で、特に商売繁昌の神様としても信仰が厚い。 [大黒天] 大黒天は、大自在天の化身ともいわれ、大国主命と神仏習合したものである。一度仏となったが、人々に福徳を授けるために再びこの世に現れたという。 大地を掌握する神様(農業)でもある。大きな袋を背負い、打出小槌をもち、頭巾をかぶられた姿が一般によく知られていて財宝、福徳開運の神様として信仰されている。 [毘沙門天] 毘沙門天は、四天王の一仏で、別名「多聞天」といい、七福神の中で、唯一の武将の姿をしていて、右手に宝棒、左手に宝塔、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつけている。 七福神では、融通招福の神として信仰されている。 [弁財天] 弁財天は、七福神の中で、唯一の女神で、元はインド河(水)の神であったが、やがて音楽の神、言語の神となり日本に伝わった当初は、弁才天と呼ばれた。 その後、財宝・芸術に関係深い吉祥天の性格が吸収され弁財天といわれるようになり、財宝を授けてくださる神へとなったものである。知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれている。 [福禄寿(ふくろくじゅ)] 福禄寿は、名前は、幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、中国、道教の長寿神。南極老人星の化身であり中国の村や町に住み、人々の信仰を集めたといわれる仙人である。長い頭、長い顎鬚、大きな耳たぶをもち年齢は千歳という。長寿、幸福の徳を持ち、鶴と亀を連れて、左手に宝珠、右手に巻物を括り付けた杖をもつ姿が特徴である。 招徳人望の神様として信仰されている。 [寿老人(じゅろうじん)] 寿老人は、福禄寿と同じく星の化身で、にこやかな微笑みをたたえ、手には巻物を括り付けた杖、そして団扇や桃などを持ち、鹿を従えた姿が一般的に知られている。団扇は難を払い、桃は長寿のしるしで、鹿もまた長寿の象徴である。 長寿延命、富貴長寿の神として信仰されている。 [布袋尊(ほていそん)] 布袋尊は、弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身といわれ、いつも笑顔を絶やさず人々に接していた人で、大きな袋には宝物がいっぱい入っていて、信仰の厚い人に与えられたという。 笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰が厚い。
¥1,400
GOOD TIME / ショッピング|お守り パワーストーン ピアス通販
東京都荒川区東日暮里4-34-12 フォレット1F
TEL: 03-6806-7827
FAX: 03-6806-7828
E-mail:info@goodtime.biz