GOOD TIME / ショッピングは、あなたの「欲しい!」を解決します。
★3,000円以上お買い上げでお守りグッズをプレゼント!★
全商品 【全国送料無料】
GOOD TIME / ショッピングは、あなたの「欲しい!」を解決します。
★3,000円以上お買い上げでお守りグッズをプレゼント!★

厄除けお守り

茅の輪守 厄除け 疫病退散 除災 叶結び お守り 茅の輪くぐり 送料無料
茅の輪守 厄除け 疫病退散 除災 叶結び お守り 茅の輪くぐり 送料無料
茅の輪とは、かや、すすきなどで出来た輪のことで、これをくぐることによって心身を清めるとされる「茅の輪くぐり」があります。 この小さな輪で「疫病」「災い」から免れるよう、身に付けてお持ちください。 茅の輪の色:赤、青の2色からお選びください。 サイズ:縦40 × 幅30 × 厚さ8 (mm) ※お守り本体 根付け紐:約15cm(ゴム製ですので伸縮します) 全体の長さ:約18cm 重さ:3g 茅の輪:紙紐とちりめん紐製 メガネ結び(紐と一緒です):ゴム製 宝来鈴付き *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 茅の輪には、「茅の輪くぐり」で知られるように、年末から半年間の厄を払うと言われています。 厄を払い、色々な人や心や物などに縁がつながる様にと言う意味が込められています。 【茅の輪くぐり】 茅の輪くぐりとは、神社境内に設置された茅で作れた大きな輪をくぐることにより、無病息災や厄除け、家内安全を祈願する行事のことをいいます。 6月30日頃の「夏越の祓(なごしのはらえ)」から行われる茅の輪くぐりは、1年の前半の穢れを清めて災厄を払うための神事であり、1年の後半も無事に過ごせるようにと祈る行事です。 例年では、6月30日前からそれ以降もしばらくの間は茅の輪を設置しておいて、期間中いつでもくぐることができる神社もあるようです。 【結び目は「叶結び」】 結び目を表から見ると口の形に、裏から見ると十字の形に見えるので、口+十=叶で、叶結びと言われます。願いが叶うという意味を込めて、儀式やお守りなどの装飾に使われます。
¥820
厄除金運龍神守 黄金竜お守り 水晶玉 厄除け 魔除け 根付け 御守り 送料無料
厄除金運龍神守 黄金竜お守り 水晶玉 厄除け 魔除け 根付け 御守り 送料無料
龍は天高く昇る生き物で、古くから物事が上昇することの象徴として考えられています。その龍が、浄化のパワーストーンとして知られる「水晶」に絡み合う、とても縁起の良いお守りです。 龍と水晶のサイズ: 長さ24mm 幅20mm 厚さ10mm 根付け紐の長さ:8cm 全体の長さ:10.5cm 重さ:9g 水晶は、災いや魔(つまり厄)を払い、様々な危険から守ってくれる「邪気払石」「開運石」として世界のいろいろな国で愛されています。そして、龍は運気上昇・立身出世・身体健全・仕事順調・学業成就・家庭円満・商売繁盛・家運隆昌などを司る神様です。 授かった方に多くの運を招き入れるよう奉製、祈願されております。大切にお持ちください。 ※当商品はお守りとして幅広くお持ちいただきたいという願いから水晶玉はガラス製のものを使用しています。 *-*-*-**-*-*-*--*-*-*----*-**-*-*--*-**-*-*-*-*-*-*-*-*---*-***--*-*- [龍] 龍は架空の動物ですが、中国ではすべての運気やエネルギーを司る霊獣とされ、日本では古くから龍神様として崇拝されてきました。 そして、大地のすべてのエネルギーの源とされ、水の神様とされています。 その龍が高く昇る昇龍は、立身出世・身体健全・仕事順調・学業成就・家運隆昌を司る神さまとされています。 [水晶] 浄化作用があると知られる水晶(クオーツ)は、パワーストーンの中でもこれ抜きでは語れないほどの基本の石として知られています。 水晶は古来より霊が宿る石として崇められ、色々な儀式に用いられたと伝えられています。災いや魔のような厄を払い、常の起こりうる身の危険から守る「邪気払石」「幸運の石」として世界のいろいろな国や地域で愛されています。 古くは、水晶によって土地を清め、厄を祓い、運気を良い方向にと信じられたことから、建物やお寺などの地面に水晶を埋められる事がありました。今でも、地鎮祭の時などに、地面に水晶を撒いたり埋める風習が残っている地方もあります。水があらゆるものを洗い流すように、水晶は地・人・場など、すべての「気」を浄化し、清めると伝えられています。 水晶 クオーツ 昇龍 龍神 竜神 運気上昇 厄除け 除災 魔除け 立身出世 身体健全 仕事順調 学業成就 家庭円満 商売繁盛 家運隆昌
¥980
開運厄除 寿守 水引 魔除け 厄除け 淡路結び 幸運 招福 御守り お守り 送料無料
開運厄除 寿守 水引 魔除け 厄除け 淡路結び 幸運 招福 御守り お守り 送料無料
水引で魔・厄を除け、重ねて結ぶことで寿(良いこと)が重なるように願いが込められています。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 【水引の色:金、銀、ピンク、ブルー の4色からお選びください】 ・サイズ:長さ約12.5cm  ※水引の部分 直径約2cm ・根付け紐の長さ9cm(ゴム製)、全体の長さ12cm ・根付け紐:白と金のゴム房 ・重さ:9g ・タッセル付き(長さ約5cm) ・水引は淡路結びを繋げています。 ・水引の中はφ20mmのオーロラガラスが入っています。 【水引結びの最高位「あわじ結び」】 あわじ結び (あわび結び) は、最高位の水引結び。神事・佛事をはじめ、吉凶全ての基本結びとなっています。水引細工の多くはこの結びを応用しているそう。 あわじ結びは“結びきり”と言われる結びの一つで、一度結んでしまうとほどくのが難しいことから結婚祝いなどの一度きりのお祝いの時に使われます。 また両端を引っ張るとさらに固く結ばれることから、「末永く途切れないお付き合いをよろしくお願いします」という願いも込められているそうです。 日本古くからある慣用なので、和婚花嫁さんにとってもおすすめ。 淡路結 あわじ結び 寿守 御守り お守り 厄除け 開運 招福
¥1,200
厄除 御守 御守り お守り おまもり ひょうたん御守 宝来鈴付き 根付け 除災 瓢箪 ちりめん 送料無料
厄除 御守 御守り お守り おまもり ひょうたん御守 宝来鈴付き 根付け 除災 瓢箪 ちりめん 送料無料
除災招福のお守りや魔除けとされ、縁起の良いものとされてきたひょうたんを、ちりめんで作り、これまた縁起のいい宝来鈴を付け根付けにしました。 色は赤、ピンク、ブルー、グリーンの4色からお選びください。 根付け紐の長さ:11cm 宝来鈴付 全体の長さ:15cm ひょうたんの大きさ:長さ 3cm、直径 1.7cm、重さ 3g ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* ひょうたんとは? ヒョウタンは、ウリ科の植物。和語ではひさご、ふくべといいます。 この植物の果実を加工して作られる「ひょうたん」は、「瓢」の「箪(容器)」という意味となります。 最古の栽培植物の一つで、原産地のアフリカから食用や加工材料として世界各地に広まったと考えられています。乾燥した種子は耐久性が強く、海水にさらされても発芽します。 一般的には、上下が丸く真ん中がくびれた形の品種を呼ぶますが、球状から楕円形、棒状や下端の膨らんだ形など品種によって様々な実の形があります。 観賞用のヒョウタンの中にはククルビタシンという苦味成分のある植物毒を含有しているものがあり、嘔吐と下痢を伴う重篤な胃および腸不全を引き起こし、稀に死亡することもあるため、注意が必要です。 【種類】 ヒョウタンと同一種のユウガオは、ククルビタシンの少ない品種を選別した変種で、食用となる干瓢の原料として利用されます。 また、ヒョウタン型をした品種の中にも、ククルビタシンの少ない食用品種が存在します。 【歴史】 日本では、縄文時代草創期から前期にかけての遺跡である鳥浜貝塚から種子が出土しています。文献史学上では『日本書紀』(720年成立)の中で瓢(ひさご)として初めて公式文書に登場しています。その記述によると仁徳天皇11年(323年)、茨田堤を築く際、水神へ人身御供として捧げられそうになった茨田連衫子という男が、ヒョウタンを使った頓智で難を逃れたといいます。 古代のヒョウタンは現在のような括れた形態ではなく通常の植物の実のような筒のような形をしていたことが分かっており、突然変異で今日知られているような特徴的な形が発現し、それが人伝に栽培されて世界中に広まった、とされています。 【神具】 日本の神道では中に神が宿る縁起物とされ、神社で破魔矢や絵馬、お守りに付けられます。大分県宇佐市には専門の加工業者があり、契約農家が収穫したヒョウタンを水に2カ月漬け、腐った中身と外皮を取り除いて天日で乾燥させ、塗料と磨きで表面を加工します。 出雲大社の爪剥祭では、生のヒョウタンを胴切にし、麻茎製の柄を付けたものをヒシャクとして、御神水を供える時に使用する伝統があります。これはヒョウタンに宿る霊力を用いるという意味を含むといいます。 【風水】 風水では、ヒョウタンには邪気を払う力が宿るとされ、また中国語の「葫芦」(ヒョウタン)は「語録」「福禄」と同じ発音の「フールー」であるため古代より幸運を招くお守りとして玄関に掛けたり、携帯することで邪霊を払うといわれ、縁起物として土産物店でよく見かけます。中国の伝説には、ヒョウタンを携える人物がしばしば登場します。道教の八仙人の一人、李鉄拐も金のヒョウタンを常に肩から下げていたとされます。済公和尚、魯智深なども常にヒョウタンを携行していたようです。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- お守り 御守 おまもり ひょうたん 瓢箪 厄除け 除災 根付け 宝来鈴 縁起物
¥680
アマビエ 2個セット お守り 厄除け 疫病退散 コロナ対策グッズ 宝来鈴付き 根付け ストラップ 除災 24金メッキ
アマビエ 2個セット お守り 厄除け 疫病退散 コロナ対策グッズ 宝来鈴付き 根付け ストラップ 除災 24金メッキ
【2個セット】 アマビエのサイズ: 横16 高さ26 厚さ3(mm)   合金 24金メッキ 根付け紐: 長さ 約8cm 2色編み  ※色をご指定できます。 宝来鈴付き   重さ:8.2g PP袋入り 「疫病退散」シール貼付 ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- アマビエとは アマビエは日本に伝わる妖怪です。海中から光を輝かせるなどの現象を起こし、豊作や疫病などに関する予言をしたと伝えられています。 同種と考えられる存在にアマビコやアリエなどがあります。 アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されています。肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされます。 疫病退散に人気のあるアマビエ TwitterなどSNS上で賑わいを見せているアマビエは、新型コロナウィルスの感染対策のお守りとして人気があります。感染症がまだ収まらない中、身に着けてみてはいかがでしょうか? アマビエ 疫病退散 厄除け お守り 御守り コロナ対策グッズ
¥990
アマビエ お守り 厄除け 疫病退散 コロナ対策グッズ 宝来鈴付き 根付け ストラップ 除災 24金メッキ
アマビエ お守り 厄除け 疫病退散 コロナ対策グッズ 宝来鈴付き 根付け ストラップ 除災 24金メッキ
アマビエのサイズ: 横16 高さ26 厚さ3(mm)   合金 24金メッキ 根付け紐: 長さ 約8cm 2色編み  宝来鈴付き   重さ:8.2g PP袋入り 「疫病退散」シール貼付 ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- アマビエとは アマビエは日本に伝わる妖怪です。海中から光を輝かせるなどの現象を起こし、豊作や疫病などに関する予言をしたと伝えられています。 同種と考えられる存在にアマビコやアリエなどがあります。 アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されています。肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされます。 疫病退散に人気のあるアマビエ TwitterなどSNS上で賑わいを見せているアマビエは、新型コロナウィルスの感染対策のお守りとして人気があります。感染症がまだ収まらない中、身に着けてみてはいかがでしょうか? アマビエ 疫病退散 厄除け お守り 御守り コロナ対策グッズ
¥590
招福 七福神守 恵比寿 大黒天 毘沙門天 弁財天 福禄寿 寿老人 布袋 根付け お守り アクセサリー ストラップ
招福 七福神守 恵比寿 大黒天 毘沙門天 弁財天 福禄寿 寿老人 布袋 根付け お守り アクセサリー ストラップ
七福神のかわいいお守りです 七福神の大きさ:1体 約1.5cm 根付け紐の長さ:7cm 材質:プラスチック ※七福神が「輪」になったお守りもございます。 https://www.goodtimeschool.jp/items/44596672 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 七福神(しちふくじん)とは、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神のことです。 大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)とされており、それぞれがヒンドゥー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っています。 「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われています。 七福神の信仰は、室町時代の末期のころより生じ、当時の庶民性に合致して民間信仰の最も完全な形となって育てられてきました。特に農民、漁民の信仰として成長し、現代に今も生き続けています。 インドのヒンドゥー教の神である大黒を台所の神として祀ることを、最澄が比叡山で始めたことで、徐々に民間に広まったといいます。 これが民間において日本の土着信仰の神である恵比寿とセットで信仰されるようになった歴史的な経緯はよくわかっていません。 平安時代以降、京都の鞍馬の毘沙門信仰からはじまった毘沙門天を恵比寿・大黒に加え、三神として信仰されることが起こりました(初期の恵比寿は毘沙門天を本地とすると考えられていました)。この三神セットのパターンはかなり後まで一般的でありましたが、平安末期~鎌倉初期の頃、近江の竹生島の弁天信仰が盛んになると毘沙門天ではなく「恵比寿・大黒・弁才天」とするケースも増えていったようです。 室町時代、仏教の布袋、道教の福禄寿・寿老人なども中国から入ってきてそれぞれに知られるようになり、それらをまとめて七柱の神仏のセットができ、室町時代末頃、近畿地方から始まったとされています。 この頃は銀閣寺に代表される東山文化の時代。中国の文化に影響され、大陸的な水墨画が多く描かれていました。もてはやされた画題は『竹林七賢図』(竹林の七賢人)。この絵に見立てて、人々は別々に信仰されていた7つの福の神を集め、七福神としました。ただし、当初は必ずしもメンバーが一定していなかったようです。 江戸時代には、ほぼ現在の顔ぶれに定まったものの、その後もバリエーションが生み出されることがありました。寿老人と福禄寿はともに南極老人星の化身とされることから、この二者は本来同一のものとみなされ、寿老人の代わりに吉祥天・お多福・福助・稲荷神・猩猩・虚空蔵菩薩が入れられることがありました。他に宇賀神・達磨・ひょっとこ・楊貴妃・鍾馗・不動明王・愛染明王・白髭明神が七福神の一人に数えられたこともありました(不動明王と愛染明王、またはお多福とひょっとこはセットで入る場合がありました)。 奈良時代から独立した信仰の対象として社が建立されていましたが、明治時代の神仏分離の際に、神道の神社となった弁才天の社のようなものもあります。古書では、徳川家継将軍時代の1713年に、和漢書『吉原七福神』全5巻が出版されています。 ※wikipediaより引用 [恵比寿天] 七福神中で唯一の日本の神様。いざなみ、いざなぎの二神の第三子といわれ、満三歳になっても歩かなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい、やがて漂着した浜の人々の手によって手厚く祀れれたのが、信仰のはじまりと伝えられている。 左手に鯛をかかえ右手に釣竿を持った親しみ深いお姿の、漁業の神で、特に商売繁昌の神様としても信仰が厚い。 [大黒天] 大黒天は、大自在天の化身ともいわれ、大国主命と神仏習合したものである。一度仏となったが、人々に福徳を授けるために再びこの世に現れたという。 大地を掌握する神様(農業)でもある。大きな袋を背負い、打出小槌をもち、頭巾をかぶられた姿が一般によく知られていて財宝、福徳開運の神様として信仰されている。 [毘沙門天] 毘沙門天は、四天王の一仏で、別名「多聞天」といい、七福神の中で、唯一の武将の姿をしていて、右手に宝棒、左手に宝塔、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつけている。 七福神では、融通招福の神として信仰されている。 [弁財天] 弁財天は、七福神の中で、唯一の女神で、元はインド河(水)の神であったが、やがて音楽の神、言語の神となり日本に伝わった当初は、弁才天と呼ばれた。 その後、財宝・芸術に関係深い吉祥天の性格が吸収され弁財天といわれるようになり、財宝を授けてくださる神へとなったものである。知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれている。 [福禄寿(ふくろくじゅ)] 福禄寿は、名前は、幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、中国、道教の長寿神。南極老人星の化身であり中国の村や町に住み、人々の信仰を集めたといわれる仙人である。長い頭、長い顎鬚、大きな耳たぶをもち年齢は千歳という。長寿、幸福の徳を持ち、鶴と亀を連れて、左手に宝珠、右手に巻物を括り付けた杖をもつ姿が特徴である。 招徳人望の神様として信仰されている。 [寿老人(じゅろうじん)] 寿老人は、福禄寿と同じく星の化身で、にこやかな微笑みをたたえ、手には巻物を括り付けた杖、そして団扇や桃などを持ち、鹿を従えた姿が一般的に知られている。団扇は難を払い、桃は長寿のしるしで、鹿もまた長寿の象徴である。 長寿延命、富貴長寿の神として信仰されている。 [布袋尊(ほていそん)] 布袋尊は、弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身といわれ、いつも笑顔を絶やさず人々に接していた人で、大きな袋には宝物がいっぱい入っていて、信仰の厚い人に与えられたという。 笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰が厚い。
¥1,300
招福 七福神守 「輪」 恵比寿 大黒天 毘沙門天 弁財天 福禄寿 寿老人 布袋 根付け お守り アクセサリー ストラップ
招福 七福神守 「輪」 恵比寿 大黒天 毘沙門天 弁財天 福禄寿 寿老人 布袋 根付け お守り アクセサリー ストラップ
七福神が「輪」になったかわいいお守りです 七福神輪の大きさ:直径 約3.5cm 根付け紐の長さ:5cm 材質:プラスチック ※七福神が並んだお守りもございます。 https://www.goodtimeschool.jp/items/44596590 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 七福神(しちふくじん)とは、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神のことです。 大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)とされており、それぞれがヒンドゥー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っています。 「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われています。 七福神の信仰は、室町時代の末期のころより生じ、当時の庶民性に合致して民間信仰の最も完全な形となって育てられてきました。特に農民、漁民の信仰として成長し、現代に今も生き続けています。 インドのヒンドゥー教の神である大黒を台所の神として祀ることを、最澄が比叡山で始めたことで、徐々に民間に広まったといいます。 これが民間において日本の土着信仰の神である恵比寿とセットで信仰されるようになった歴史的な経緯はよくわかっていません。 平安時代以降、京都の鞍馬の毘沙門信仰からはじまった毘沙門天を恵比寿・大黒に加え、三神として信仰されることが起こりました(初期の恵比寿は毘沙門天を本地とすると考えられていました)。この三神セットのパターンはかなり後まで一般的でありましたが、平安末期~鎌倉初期の頃、近江の竹生島の弁天信仰が盛んになると毘沙門天ではなく「恵比寿・大黒・弁才天」とするケースも増えていったようです。 室町時代、仏教の布袋、道教の福禄寿・寿老人なども中国から入ってきてそれぞれに知られるようになり、それらをまとめて七柱の神仏のセットができ、室町時代末頃、近畿地方から始まったとされています。 この頃は銀閣寺に代表される東山文化の時代。中国の文化に影響され、大陸的な水墨画が多く描かれていました。もてはやされた画題は『竹林七賢図』(竹林の七賢人)。この絵に見立てて、人々は別々に信仰されていた7つの福の神を集め、七福神としました。ただし、当初は必ずしもメンバーが一定していなかったようです。 江戸時代には、ほぼ現在の顔ぶれに定まったものの、その後もバリエーションが生み出されることがありました。寿老人と福禄寿はともに南極老人星の化身とされることから、この二者は本来同一のものとみなされ、寿老人の代わりに吉祥天・お多福・福助・稲荷神・猩猩・虚空蔵菩薩が入れられることがありました。他に宇賀神・達磨・ひょっとこ・楊貴妃・鍾馗・不動明王・愛染明王・白髭明神が七福神の一人に数えられたこともありました(不動明王と愛染明王、またはお多福とひょっとこはセットで入る場合がありました)。 奈良時代から独立した信仰の対象として社が建立されていましたが、明治時代の神仏分離の際に、神道の神社となった弁才天の社のようなものもあります。古書では、徳川家継将軍時代の1713年に、和漢書『吉原七福神』全5巻が出版されています。 ※wikipediaより引用 [恵比寿天] 七福神中で唯一の日本の神様。いざなみ、いざなぎの二神の第三子といわれ、満三歳になっても歩かなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい、やがて漂着した浜の人々の手によって手厚く祀れれたのが、信仰のはじまりと伝えられている。 左手に鯛をかかえ右手に釣竿を持った親しみ深いお姿の、漁業の神で、特に商売繁昌の神様としても信仰が厚い。 [大黒天] 大黒天は、大自在天の化身ともいわれ、大国主命と神仏習合したものである。一度仏となったが、人々に福徳を授けるために再びこの世に現れたという。 大地を掌握する神様(農業)でもある。大きな袋を背負い、打出小槌をもち、頭巾をかぶられた姿が一般によく知られていて財宝、福徳開運の神様として信仰されている。 [毘沙門天] 毘沙門天は、四天王の一仏で、別名「多聞天」といい、七福神の中で、唯一の武将の姿をしていて、右手に宝棒、左手に宝塔、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつけている。 七福神では、融通招福の神として信仰されている。 [弁財天] 弁財天は、七福神の中で、唯一の女神で、元はインド河(水)の神であったが、やがて音楽の神、言語の神となり日本に伝わった当初は、弁才天と呼ばれた。 その後、財宝・芸術に関係深い吉祥天の性格が吸収され弁財天といわれるようになり、財宝を授けてくださる神へとなったものである。知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれている。 [福禄寿(ふくろくじゅ)] 福禄寿は、名前は、幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、中国、道教の長寿神。南極老人星の化身であり中国の村や町に住み、人々の信仰を集めたといわれる仙人である。長い頭、長い顎鬚、大きな耳たぶをもち年齢は千歳という。長寿、幸福の徳を持ち、鶴と亀を連れて、左手に宝珠、右手に巻物を括り付けた杖をもつ姿が特徴である。 招徳人望の神様として信仰されている。 [寿老人(じゅろうじん)] 寿老人は、福禄寿と同じく星の化身で、にこやかな微笑みをたたえ、手には巻物を括り付けた杖、そして団扇や桃などを持ち、鹿を従えた姿が一般的に知られている。団扇は難を払い、桃は長寿のしるしで、鹿もまた長寿の象徴である。 長寿延命、富貴長寿の神として信仰されている。 [布袋尊(ほていそん)] 布袋尊は、弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身といわれ、いつも笑顔を絶やさず人々に接していた人で、大きな袋には宝物がいっぱい入っていて、信仰の厚い人に与えられたという。 笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰が厚い。
¥1,400
厄除 幸運 雫 しずく 鈴守 水琴鈴 すいきんれい 根付け お守り 御守り 開運 魔除け 水琴窟 鈴
厄除 幸運 雫 しずく 鈴守 水琴鈴 すいきんれい 根付け お守り 御守り 開運 魔除け 水琴窟 鈴
厄除・幸運 雫(しずく)鈴守 水琴鈴(すいきんれい) 水琴窟(すいきんくつ)が鈴になりました! 日本古来の美しい仕掛けを、魔除けや厄除けの力があるとされ鈴にて再現しました。 水琴窟の鈴ですので、「水琴鈴(すいきんれい)」 綺麗で優しい音色は、お守りにぴったりです。 【 水琴鈴のサイズ 】 全長3×1.8cm 【根付け紐】約15cm ※結んでいない状態 【 入り数 】 1個 【 重さ 】 約8g ・色はブルー、ピンク、ホワイトの3色からお選びください。 ・5色の綺麗な根付け紐の色は、ブルー、ピンク、紺を合わせてあります。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 水琴窟(すいきんくつ)は、日本庭園の装飾の一つで、手水鉢の近くの地中に作りだした空洞の中に水滴を落下させ、その際に発せられる音を反響させる仕掛けです。 水滴が滴り落ちる時の音が琴のような音色から、その名がついたのかもしれませんが、由来は不明とのことです。 そして、鈴には日本古来より魔除けの霊力があると信仰されています。 神事や祈願で鈴を鳴らすことで、神様をお招きし、祓い清める役割を果たします。 鈴の力には開運、魔除け、厄除けがあると言われているのです!だからお守りには鈴付きが多いのです。 財布やカバン、鍵などに着けて、厄除け、幸運を引き寄せるお守りとして、身に着けてみてはいかがでしょうか。
¥1,050
選べる願意 ちりめん御守袋 お守り 縁結 厄除 交通安全 健康 幸運 開運 金運 学業成就 宝来鈴付き おまもり
選べる願意 ちりめん御守袋 お守り 縁結 厄除 交通安全 健康 幸運 開運 金運 学業成就 宝来鈴付き おまもり
お守りのサイズ:縦5.5×横4×厚さ1 cm ゴム製のメガネ房を入れた長さ:約12cm ◆願意には宝来鈴がついています。(鈴の色はランダムとなり、指定はできません) ◆お守り袋には御神璽が入っています。 ◆お守り袋はおしゃれなちりめん製です。 願意はフック式ホルダーになっていますので、お守り袋に付けてお持ちください。 願意は8種類 縁結び 厄除け 交通安全 健康 幸運 開運 金運 学業成就 お守り袋は5種類からお選び、お好きな願意を組み合わせください。 ご注文時に願意をお申し付けください。(別途メールにてご連絡ください。) ※お買上金額が1,000円以上の場合は、クリックポストにて発送いたします。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- お守りって? 普段から身に着けることで神様のご加護が得られ、災難を防いで守ってくれるお守り。所謂「神頼み」を常に持ち歩くことができることで、皆さん何かしらのお守りをお持ちではないでしょうか? おまもりの中には必ず御神璽(ごしんじ)が入っています。神社のご神体に相当するものです。 御神璽を持ち歩くということは、携帯電話と同じ「神社を携帯すること」と同じです。 神社は神様と人間と親密に触れ合う場でもあります。つまり、お守りを持つことで、いつでもどこでも神様を意識し、より近くに感ずることができるようになります。 皆さん大事にしているスマホと同じようにお守りも大事にして持ち歩いてください。 [お守りの起源] 縄文時代に魔除けとして勾玉を身につけていたのが始まりとされ、奈良時代に仏教伝来とともに寺院で呪符が配られるようになりました。大阪府の四天王寺が所蔵する、平安時代後期の懸守(かけまもり)には、如来像が彫られた木製の円柱が納められていたことがわかっています。また、神社の石や砂に霊力が備わっているという考え方から、旅に出る時、神社の境内にある石や砂を懐中に入れていくという風習の記載が残っています。 [お守りの数え方] お守りやお札は、ご神像と同じように「1体(たい)、2体」と数えます。 また、お守りは、「販売する」「購入する」ではなく「授ける、お分けする」「受ける」といいます。神社に参拝するとお守りを置いてある場所を、授与所といいます。 神様の御霊(みたま)を「お分け」し、お受けするのです。 [お守りの種類]   交通安全、安産、縁結び、学業成就、その他「お守り」にはいろいろな種類があります。 ・恋愛お守り 恋愛成就:片想いが実るなど恋愛がうまくいくよう願います。 縁結び:良縁があるように、また現在のパートナーとの信頼関係が深まるよう願います。 恋愛に関するお守りを持ち歩く場合、目立つ場所は恥ずかしいと感じる方は、カバンの内ポケットや、スケジュール帳であれば、普段人目に触れることがないのでおすすめです。 ・学業お守り 合格祈願:受験生や資格試験に合格することを願います。 学業成就:勉強がはかどり、目標に到達することを願います。 学業に関するお守りは、普段から使用しているペンケースや教材、ノートを入れるカバンに入れるのが良いでしょう。勉強机など、普段学習する環境に置くだけでもご利益があるといわれています。 ・金運お守り 金運上昇:金運が上がるよう願います。 商売繁盛:商売の繁盛と繁栄を願います。 やはり金運ですのでお財布の中、またはお財布周りがベストです。ただし、常に神様にとって居心地の良い状態にし、お尻のポケットは避けましょう。 ・安全お守り 交通安全:乗り物による事故がないよう安全運転を祈願します。 家内安全:家族全員が幸せで安全に暮らせるよう願います。 旅行安全:旅行中の無事を願います。 交通安全のお守りは、自身の持ち物の他、車を運転する方はルームミラーのところにぶら下げたり、カギに着けたりします。小学生のランドセルに着けるのも良いでしょう。 ・厄除けお守り 厄除け:厄を取り払い、開運を願います。 方位除け:凶方位から身を守ります。 開運除災:運勢があまり良くない年に、一年の無事を願います。 全世界がパンデミックに陥っている今は、厄除けお守りを身に着けるかたは多いかと思います。もちろん、万全な感染症対策を行ったうえで身に着けましょう。 ・その他のお守り その他のお守りについては、普段使用しているバッグや携帯、財布など毎日持ち歩くものに身につけるようにしましょう。 健康祈願:病気にかかることなく、毎日健康で過ごせることを願います。 病気平癒:現在かかっている病気の治癒、回復を願います。 長寿祈願:健康で長生きができるように願います。 お守りを身に着けるということは神様がいつも近くで見ていただいているということです。 どんな小さなことでも神様は見ています。毎日何か小さなことでも善いことを積み重ねていけば、いつかは神様が願いを叶えてくれるのではないでしょうか。 お守りを身に着けて、日々善行を重ね、願い事が叶いますように心より願っています。 お守り 御守り おまもり 交通安全守り 開運守 厄除け守 健康守
¥860
厄除 幸運 雫 しずく 鈴守 水琴鈴 すいきんれい 2個セット 根付け お守り 御守り 開運 魔除け 水琴窟 鈴
厄除 幸運 雫 しずく 鈴守 水琴鈴 すいきんれい 2個セット 根付け お守り 御守り 開運 魔除け 水琴窟 鈴
※少しお得な2個ペアセットのお値段です 厄除・幸運 雫(しずく)鈴守 水琴鈴(すいきんれい) 水琴窟(すいきんくつ)が鈴になりました! 日本古来の美しい仕掛けを、魔除けや厄除けの力があるとされ鈴にて再現しました。 水琴窟の鈴ですので、「水琴鈴(すいきんれい)」 綺麗で優しい音色は、お守りにぴったりです。 【 水琴鈴のサイズ 】 全長3×1.8cm 【根付け紐】約15cm ※結んでいない状態 【 入り数 】 1個 【 重さ 】 約8g ・色はブルー、ピンク、ホワイトの3色からお選びください。 ・5色の綺麗な根付け紐の色は、ブルー、ピンク、紺を合わせてあります。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 水琴窟(すいきんくつ)は、日本庭園の装飾の一つで、手水鉢の近くの地中に作りだした空洞の中に水滴を落下させ、その際に発せられる音を反響させる仕掛けです。 水滴が滴り落ちる時の音が琴のような音色から、その名がついたのかもしれませんが、由来は不明とのことです。 そして、鈴には日本古来より魔除けの霊力があると信仰されています。 神事や祈願で鈴を鳴らすことで、神様をお招きし、祓い清める役割を果たします。 鈴の力には開運、魔除け、厄除けがあると言われているのです!だからお守りには鈴付きが多いのです。 財布やカバン、鍵などに着けて、厄除け、幸運を引き寄せるお守りとして、身に着けてみてはいかがでしょうか。
¥1,900
GOOD TIME / ショッピング|お守り パワーストーン ピアス通販
東京都荒川区東日暮里4-34-12 フォレット1F
TEL: 03-6806-7827
FAX: 03-6806-7828
E-mail:info@goodtime.biz